2011年05月31日

easy chair

2011/20110531

先日、納品したeasy chair。
ファブリックがハンプなので、最初は硬いが、
使っていくうちに柔らかくなり、くたくた感が出てよい味わいになっていくだろうと思う。
数年後が楽しみである。


ハンサでは1Pソファなど一人用の安楽椅子を注文して頂ける方はいるが、
日本での暮らしを見ると、難しいのかなあ。
3Pなどの大きなソファをボンと置くのも良いけど、
個人専用のソファやeasychairも良いと思う。
むしろ、すぐに横になってしまう僕には、一人用の安楽椅子のほうが良いのだと思う。

名作椅子では、ペリカンやベアなどなど、色々なものがある。
近い将来、そう言った椅子を考えれたらと思う。
ただ、数年単位で考えていくと思うから、まだまだ先だけど。


posted by hunsabasara furniture at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

トルソーの修理

今日は、昼から雨が上がったので、ご近所のdieciさんへ納品に。

トルソーの修理。
ほぼ、すべてのパーツが木製のアンティークのトルソー。

こういうトルソーをはじめてみました。
昔はこういう味が出るものが、普通に存在したんだろうと思う。
そう思うと、少し寂しくなる。


出来る限り、オリジナルに忠実にするようにとのコトなので、そうしました。
でも、頭抱えました・・・。

こうこうしたほうが丈夫なんだけど、オリジナルをと思うと少し変わってしまう。
本当に、修理等の場合は最終地点をどのようにするかによって、方法論が変わる。
修理する側、使う側などなど、それぞれの考えがあり、
どの地点から見るかによって、正解も変わる。
言わば、間違いという回答はない。
 ・
 ・
 ・
難しい。


2011/20110530
posted by hunsabasara furniture at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

sofa

昨日の納品した、オイルレザーを使ったソファです。
やはり、オイルレザーは質感が全然違う。
メンテナンスなど、手はかかるけどやはり良い。

でも、革は重いなあ〜。
僕らが作るソファは、芯材も無垢材できっちり作るようにしている。
だから、もともと重いのに、さらに重くなる。(笑)
今回も、ソファを前にいて笑いたくなる重さでした。

そして、このソファの経年変化、その家族の方の暮らしへの馴染みがすごく楽しみである。




2011/20110529_1


2011/20110529_2
posted by hunsabasara furniture at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。