2010年12月15日

突板の家具

ここ最近や年明けの仕事は、突き板の仕事が多い。
大物ばかしで、大変ですが・・・。
 
突き板と言うと、人によってはよく言わないのですが、


特徴を考えると家具を作るには、すごく良い材料です。
突き板と言うのは、昔から使われていて、北欧の昔のテーブルや箱物はほとんど突き板なのです。
そして、この素材ほど、技術や心が試されるものはないと思う。
本当にシビアな素材だと思う。

僕は0.5o突き板ほどの突き板を使う。


普通は0.2oあるかないかぐらいだから、それよりは少し厚くしている。
鉋が1回か2回多くかけれるぐらいの差なんですが・・・、
気の質感をできる限り残したくて、そうしている。

 
 
僕達は突き板も使い続ける。
良質な家具を作るためには、必要な素材だと思う。
無垢絶対主義では、だめである。


posted by hunsabasara furniture at 00:00| 徒然雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。