2014年10月18日

木材の高騰


ここ数年、北米材の価格が上がり続けている。
北米材はブラックチェリー、ブラックウォールナット、メープル、ホワイトアッシュなど。
まあ、家具材に使う木材はほとんど。

ここ最近では、シェールガスの影響でウォールナットが特に上がっている。
材木屋サンから聞いた話によると、ウォールナットの植林場の下にガスがあるらしく、
ガス・石油会社がその地域を買い占めているらしい。
ほんで、楢・タモなんかも上がっているんだなあ・・・。
こちらは、ロシア材。
昔は日本や朝鮮半島ものが出回っていたが、今はロシアのものを伐採しています。
やはり、日本に近いのでホワイトオークよりロシアの楢材の方が感じが良いです。

そして、うちに話を聞きにくる、職訓の学生さんには冗談半分で辞めときと言っている。
僕が独立するときにも言われていたが、木材の高騰を見ていると
ほんま材料の買い方を考えていかないとあかんし、10年後、20年後どうなるのやら?






posted by hunsabasara furniture at 23:37| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

カタチ

20120921



時間ができる夜に、改めてカタチについて考察している。

持っている北欧の椅子から寸法を拾ったり
ヨーロッパ・北欧家具や日本の古家具などの写真や図面を参考にしたり、
インテリア写真集などを眺めるなどして、
頭の中を空っぽにして一から見直している。

今まで気づかなかったことや、
今だからこそ気づいたことに一喜一憂している自分がいます。
本当にちょっとしたこと、今までの経験があるからこそなんだろうなあと思う。
例えば、寸法に直せば1mm位をどうするかによって印象が真反対に変わる。

いまさらやけど、本当に面白いです。
でも、難しい・・・。

今は本当に時間が足りない。
頭使い、体使いと、おっちゃんの体を全身鞭打っています。(笑)


ラベル:デザイン 家具
posted by hunsabasara furniture at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

ポリメラ

たまにたまに、ポリメラの仕事をすることがある。
今がそうなんですが・・・。
でも、するたびにもう止めようと思う。


納品した時のお客様の表情を見ると、やってよかったと思う。
また、適材適所に材料を使うことを考えると、
素材として有効利用できるものであるとも考える。

そんなこんなことを思っていたら、
気づいたら注文を受けたり、提案したりしている自分がいる。
まあ、いっか(笑)



ハンサとしての考えで、素材の使い方の基本は
『10年後、家具として気持ちよく使える素材・それに合う作り方をすること。』

そして、いくら気持ちの良い素材でも、
家具として気持ちよく使えなくなるのであれば、
家具にはならないと思う。

『使える家具を作る。つまり、使えない家具は作らない。』
もう一つ、僕たちが大切にしている言葉である。


posted by hunsabasara furniture at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。